ゆうれいのまちに行ったら──『ゆうれいのまち』

価格比較購入ナビ ゆうれいのまちに行ったら──『ゆうれいのまち』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥1,620 無料 在庫あり - 32P - - -
楽天 ¥1,620 無料 在庫あり すぐ 16P - - -
絵本ナビ ¥1,620 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 3P - - 14件
価格情報更新時間:2019/05/23 16:26(更新

真夜中、ともだちがやってきて、窓をノックする。
ゆうれいのまちに行こうって。

 

ともだちに連れられて、足を踏み入れたゆうれいのまち

真夜中、友達に「ゆうれいのまち」に行こうと誘われて、「ぼく」は家を抜け出し、「ゆうれいのまち」へ。
最初は誰もいない町でしたが、そっとしずかに建物のかげを覗いたら、見るも恐ろしい姿の幽霊がいました。
幽霊に見つかって、「ぼく」と友達はつかまらないように逃げ出します。
追いかけてくる幽霊。
友達はぐんぐん先へ逃げていきます。逃げ遅れた「ぼく」は、ついに幽霊につかまってしまいました。

 

それから「ぼく」は、「ゆうれいのまち」で暮らし始めました……。

 

 

忘れてしまうという怖さ

「ゆうれいのまち」で暮らし始めた「ぼく」は、だんだん今までの事を忘れていきます。最初はさえない顔をしていた「ぼく」が、しだいに慣れて、ゆうれいたちと楽しく過ごしている場面は、幸せそうに見えます。

ときどき だれかが
ぼくを よんでいるような きがした

でももう思い出せない。何もかも忘れていく。
「ゆうれいのまち」に来る前のことはすべて忘れてしまう……でも「ぼく」は忘れることにすら危機感を覚えないぐらいに、いろんなことを忘れてしまったのです。
「ゆうれいのまち」とは死後の世界……? もしそうなら、ゆうれいの食べ物を口にしてしまった「ぼく」はもう帰れないさだめにあるのかも……?

 

ゆっくりとした恐怖が、圧倒的な画で迫ってきます。
勢いのある筆遣いで描かれた幽霊たち。雰囲気。無機質なコラージュで表現される「ゆうれいのまち」。つかまってしまった場面が何だかとても怖かった。

 

そうして最後に、またこの物語は繰り返すのかと思うと……。

 

ぼんやりとした怖さを描いた絵本

なんともいえない不思議で不気味な雰囲気を漂わせたこの一冊は、衝撃的な恐怖こそないものの、ぼんやりとした不安な気持ちを味わうことができます。
当たり前に持っている日常の記憶が、無自覚の内に失われていくのは怖いですよね。

この作品は解釈の幅が広く、そもそも「ぼく」はどうなったのか、友達とは何なのか、「ゆうれいのまち」とは何を暗喩しているのか、考察を重ねる楽しみ方もできます。

 

特徴的なタッチで描かれる「ゆうれいのまち」はとてもおどろおどろしく、その勢いに気おされます。
話自体には衝撃的な表現はないものの、読後、不条理エンドレスホラーを見たかのような気分になるのは、絵の持つ迫力と、句読点のない文が持つ独特なリズムが合わさった結果でしょう。

 

ひらがなだけで書かれた絵本なので低学年も読めますが、この不条理な感じのホラーは一人読みには向いていないかも。

 

同作者の『夜市』に雰囲気が似ていると聞いたので

読んでみました。
なるほど、不思議な感じが良く似ています。
まったく同じというわけではないので、興味があるかたは読んでみては。

 

表題の「夜市」と他一編お話が収録されています。
ホラー文庫から出ていますが、怖くはないです。表題の「夜市」、不思議で少し悲しいお話でした。

 

価格比較購入ナビ ゆうれいのまちに行ったら──『ゆうれいのまち』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥1,620 無料 在庫あり - 32P - - -
楽天 ¥1,620 無料 在庫あり すぐ 16P - - -
絵本ナビ ¥1,620 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 3P - - 14件
価格情報更新時間:2019/05/23 16:26(更新