迫りくるそこはかとない恐怖──『はこ』

価格比較購入ナビ 迫りくるそこはかとない恐怖──『はこ』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
楽天 ¥1,620 無料 在庫あり すぐ 48P - - 2件
Yahoo ¥1,620 無料 在庫あり - 32P - - 1件
絵本ナビ ¥1,620 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 3P - - 10件
価格情報更新時間:2019/05/23 16:22(更新

「はこ」にとらわれてしまった少女のこころは──

 

淡々とつづられる物語、不安な気持ちにさせていく

ある日少女は、はこを見つけます。
開かないはこ。振ると、コソコソ音がします。

雨の降る日、そのはこが開いていました。
中はからっぽ。

メダカがいなくなりました。
からっぽだったはずのメダカのえさのはこが、開かなくなってしまいました。
振ると、カサカサと音がします。

風の吹く日、そのはこが開いていました。
中にはほこりしか入っていませんでした。

次はハムスターがいなくなりました。
引き出しが開かなくなりました。ノックするとカサコソ音がする。

曇りの日、開かない引き出しが開いていた。
中には小さな骨のかけらが……

 

考えれば考えるほどに薄ら寒くなってくる話

うーん、難しい。お恥ずかしながら一読したところでは、頭の中が「?」でいっぱい。残ったのはそこはかとない不安感でした。
話が難解でよくわからない。途中で唐突に入ってくる誕生日ケーキの場面が何だか無性に怖い。

何かがいなくなると、はこが開かなくなる。
なくなるものが、
?→メダカ(箱を振るとカサカサ)→ハムスター(カサコソ)→いぬ(ベチャベチャ)→?

つまりはこの中になくなったものがいる?というわけでしょうか……?
開かなくなったはこが開くとまた何かがいなくなる、と少女は関連付け、もしかしたら次はお母さんかもと不安にかられて、お母さんを探しに行く……

とすれば、最後の結末は……
箱に入ったのは……。

 

 

箱に入ったのは……。

 

 

解釈が難しい怖い絵本

意味深な展開がうすら怖い一冊。
いろいろな解釈ができそうですが、それがまた怖さを呼ぶ構成となっています。
絵も雰囲気たっぷりで、長く伸びる母親の影や赤いクローゼット、誰もいない教室など、薄気味悪い印象を与えてきます。
正解の解釈が分からないのがまた落ち着かない気分にさせます。

内容が難解な部分を含むため、小学校高学年からが対象でしょう。
おとな向けでもあるかもしれません。

価格比較購入ナビ 迫りくるそこはかとない恐怖──『はこ』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
楽天 ¥1,620 無料 在庫あり すぐ 48P - - 2件
Yahoo ¥1,620 無料 在庫あり - 32P - - 1件
絵本ナビ ¥1,620 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 3P - - 10件
価格情報更新時間:2019/05/23 16:22(更新