『こびとづかん』──発見!コビトは実在した!個性的な絵柄で描かれる、コビトの生態

価格比較購入ナビ 『こびとづかん』──発見!コビトは実在した!個性的な絵柄で描かれる、コビトの生態:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon - - 無し - - ¥26~ 55の中古品 あり
Yahoo - - - - - ¥498~ 3の中古品 -
楽天 - 不明 - - - ¥498~ 1の中古品 266件
価格情報更新時間:2019/01/17 10:08(更新

あらすじ

ある日、主人公の「ぼく」は、緑色の変な抜け殻を見つけた。
何かわからなかったぼくは、じぃじにこれは何か教えてもらうことにした。

すると、じぃじは教えてくれた。
これは、コビト、クサマダラオオコビトの抜け殻だと。

コビト?
じぃじは教えてくれた。コビトはいるのだと……。

 

コビトの捕まえ方や生態を紹介した絵本

不思議な生物、コビト。
虫でも動物でもないこの生き物について紹介する絵本。
なんといっても、その濃い絵柄が特徴だろう。この絵柄は万人受けするようなものではなく、人によっては怖い、気持ち悪いと感じることだろう。現に私の周りのおとなたちは、絵柄が気持ち悪くて受け付けないと言っていた。確かに今見ても濃い。

しかし一時期コビトは流行した。
この本は、コビトシリーズの初期作にあたる。
「づかん」というタイトルだが、いわゆる図鑑ではなく、ストーリー仕立ての内容となっている。

 

不思議な緑の抜け殻を見つけた男の子。
じぃじにこれは何か聞いてみると、これはクサマダラオオコビトの抜け殻だという。
しかも、世の中には、みんながしらないだけで、いろんなコビトが生息しているのだという。
しかし、じいじ、福禄寿みたいに頭が長いんだけど、そっちばかり気になるよ……。

 

いろんなコビトがいるらしいということを知った主人公の「ぼく」は、早速、コビト捕獲作戦に乗り出す。
「こびとづかん」という、昔じぃじが発見したコビトのデータが記録それた本を片手に。

捕獲作戦に乗り出した「ぼく」。
次々とコビトを捕獲する。一体にあたり、六ページほど使って紹介や捕獲場面を描いているので、ページの尺からそんなにたくさんのコビトが出てくるわけではないが、コビトの個性的な生態を詳細にまとめている。

クサマダラオオコビト、リトルハナガシラ、モクモドキオオコビト、ベニキノコビトの生態や捕獲方法の紹介が載っている。それがまたぬかりない紹介方法なので、専門書の様相を呈している。

生き生きと描かれる濃い顔で迫力満点なコビトたち。
いかにももっともらしく描かれているので、もしかしたらいるのではないかと子どもたちは思うかもしれない。いや、本当に存在するのかも……?

 

四体のコビトを捕獲した主人公の「ぼく」。
大切に育てるよ、という言葉に、福禄寿……じぃじは静かに言う。

「コビトも人間も なにも変わらない。大きいか小さいか、ただそれだけじゃ。もしお前が虫カゴに入れられたら どうする? パパやママと引き離されたら どう思う?」

それを聞いた主人公の「ぼく」は、あくる日、コビトを全部放したのだった。

 

それからというもの、コビトを見つけられなくなった主人公。
だけど、じぃじは、コビトはいつも見守っていると言ってくれる。

コビトとの遭遇。
それは、主人公にとって不思議で、心わき踊る思い出となったのだ。

 

リアルでどこかコミカルな濃い絵柄で描かれるコビトたち。
私たちが気づかないだけで、コビトは私たちを見守ってくれているのかも……。

 

不思議な生物、コビト

丁寧にコビトの紹介をしてくれる内容でありながら、ストーリーもあるという構成。
濃い絵柄は残念ながら好みが分かれるところだが、もっともらしいコビトの説明に、もしかしたらいるかもという想像力が刺激される。

コビトの姿に愛嬌を感じるようなら、読んでみることをおすすめする。
幼児、低学年向け。

価格比較購入ナビ 『こびとづかん』──発見!コビトは実在した!個性的な絵柄で描かれる、コビトの生態:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon - - 無し - - ¥26~ 55の中古品 あり
Yahoo - - - - - ¥498~ 3の中古品 -
楽天 - 不明 - - - ¥498~ 1の中古品 266件
価格情報更新時間:2019/01/17 10:08(更新