『ぼく、ドジオ。』──ドジばかり踏む少年が、かっこいい凧を完成させたら

価格比較購入ナビ 『ぼく、ドジオ。』──ドジばかり踏む少年が、かっこいい凧を完成させたら:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥1,404 無料 在庫あり - 28P - - -
楽天 ¥1,404 無料 在庫あり すぐ 14P ¥887~ 1の中古品 -
絵本ナビ ¥1,404 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 2P - - 13件
価格情報更新時間:2019/06/25 02:56(更新

あらすじ

トシオには、三人姉妹のお姉ちゃんがいる。
このお姉ちゃんたちから、「ドジオ」というあだ名で呼ばれていた。
トシオは、このあだ名が嫌いだったが、トシオにはそう呼ばれるだけのドジさがあった。

なにをしてもドジを踏んでしまうトシオ。
両親は、トシオに自信をつけさせてあげたいと考えるが……。

 

ドジを踏んでしまう少年トシオ

三人姉妹のその下に生まれたトシオ。
お姉ちゃんたちは、トシオのことを「ドジオ」と呼ぶ。トシオはそのあだ名が嫌いだったが、トシオは、そう言われても仕方ないほどのドジなのだった。

なにをしてもドジを踏む。
けがもたえない。
夏にも、プールに飛び込もうとして、顎を強打して、一針縫うことになってしまった。

 

そんなトシオを、両親は心配していた。

「あのこに なにか じしんをつけて あげられないかしら」

ドジ続き、お姉ちゃんからもバカにされるトシオの自信を、両親は心配していたのである。
現に、本人も、どうして自分はこんなにドジなんだろう……と落ち込んでいた。

 

そんなとき、聞こえてきた、テレビの音。
テレビはちょうど、ロケット発射の場面を映していた。すごい! かっこいい!とあこがれるトシオ。
その夜、トシオは宇宙飛行士になる夢を見たのだった。

朝目覚めると、枕元にずっとほしかった工作の本がおかれていた。
お母さんが買ってくれたのだ。
トシオは喜び、そしていいことを思いついて、お父さんに相談する。
お父さんは賛成し、工作の材料を買うのに店につれていってくれた。

トシオとお父さんで、早速工作を始める。
工作の途中、トシオは材料をだめにしたり、手にけがをしたりとドジが絶えない。
お父さんは、自分もドジだったがドジと言われるのがいやでいっぱい練習したのだという話を聞かせてくれる。
トシオは、自分のドジにくじけず、工作を続けた。お姉ちゃんたちとお母さんが、そっと壁の影から見守っているのが心を温かくさせる。

そして……

 

トシオは、ついにロケット型の凧を完成させたのである!

 

ロケット型凧、トシオ一号。
日曜日、トシオはそう命名した凧を持って、凧上げ大会に参加する。

凧を飛ばすトシオ。
トシオ一号は、見事空を飛び、高く高く舞い上がった……

……と思ったら……

トシオは転んでしまった。
トシオ一号も墜落。壊れてしまう。
がっかりしたトシオ。帰ろうとしたところに、声がかかる。

 

なんと、トシオの作った凧が、ユニーク賞を射止めたのである。

 

賞状を受け取るトシオは、とても得意そうに描かれている。
いつものドジでまた失われそうだった自信が、盛り返しているのが伝わってくる。
一つ、何かを達成したことによって、トシオの中に自信が芽生えたのである。

お姉ちゃんたちからも「なかなかやるね」といわれて、ほめられたのかな?とうれしくなるトシオ。
ドジオ、と呼ばれることも少なくなるかもしれない。

 

見ていて、本当に良かったね、と心から思えた絵本だ。
ただ、夏のプールでけがした話と、冬の凧上げ大会の話とエピソードが散らばっており、いったい今の季節はいつなのかわからなくなる。やや話がぶつ切りの印象だ。

 

話を読む絵本

話を楽しむタイプの絵本。
文章量はそこそこある。
低学年向け。

価格比較購入ナビ 『ぼく、ドジオ。』──ドジばかり踏む少年が、かっこいい凧を完成させたら:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥1,404 無料 在庫あり - 28P - - -
楽天 ¥1,404 無料 在庫あり すぐ 14P ¥887~ 1の中古品 -
絵本ナビ ¥1,404 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 2P - - 13件
価格情報更新時間:2019/06/25 02:56(更新