『うちのペットはドラゴン』──ドラゴンがつれていってくれる、不思議な世界

価格比較購入ナビ 『うちのペットはドラゴン』──ドラゴンがつれていってくれる、不思議な世界:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,728 ¥505 無し - 3P - - 8件
Amazon - - 無し - - ¥8,000~ 3の中古品 あり
価格情報更新時間:2018/11/13 05:29(更新

あらすじ

ふつうの町でふつうの生活を送る、ふつうの家族、ベルサーキ一家。お父さんとお母さんと、息子のオーランドの三人家族だ。

しかし、ある日、お父さんがオーランドに、とペットを買ってきた。
なんと、ドラゴンを。

かくして、ベルサーキ一家は、ペットにドラゴンを飼うようになったのだが……。

 

ふつうの家族がペットにドラゴンを飼う

ふつうの家族の、ベルサーキ一家。
お父さんとお母さんと、息子オーランドの三人家族は、ふつうの家族でふつうの町でふつうの生活を送っていた。

しかし、ある日、お母さんがお父さんを「わからんちん」と呼んだ日、お父さんは息子のオーランドにペットを買ってきた。なんと、ドラゴンを!

ペットショップにドラゴンがふつうに売られていることも驚きだが、それを買っちゃうお父さん、ふつうじゃない。
かくして、ふつうのはずだったベルサーキ一家は、ドラゴンをペットに飼うというふつうじゃない一家になった。

ドラゴンとの生活は楽しく、家族はみんな、ドラゴンのことが好きになった。
しかし、ドラゴンはデカくなる。だんだん、一般家庭では飼えないほどにデカくなり、ついには市長さんに、ドラゴンを処分するように言われてしまう。
困ったベルサーキ一家。捨てるなんてどうしてもできない……となっているところに、ドラゴンが初めて口を利いた。

ドラゴンが言うには、魔法列島というところがあって、そこに自分は移り住もうということだった。
ドラゴンは、家族をつれていってくれる。そうして、一家は不思議な魔法列島で、クリスマスを過ごしたのだった。

 

明るく楽しいファンタジー物語である。
純粋に物語が楽しい。
もしも、ペットショップでドラゴンが売られていたら……なんて考えてしまう内容だ。
最後のお母さんのせりふがしんみりする。「もう二度と、まほうはおこらないでしょうね」。
しかし、そのしんみりする気持ちを拭いさるかのように、猫が言うのだ。
「それはどうかな」。
夢のある終わり方ですてきだと思う。

 

絵本だが

絵本だが、文章の量が多い。児童書レベルである。
低学年向け。

価格比較購入ナビ 『うちのペットはドラゴン』──ドラゴンがつれていってくれる、不思議な世界:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,728 ¥505 無し - 3P - - 8件
Amazon - - 無し - - ¥8,000~ 3の中古品 あり
価格情報更新時間:2018/11/13 05:29(更新