『ふたりだけのとっておきのいちにち』──夏がくれた奇跡の一日

価格比較購入ナビ 『ふたりだけのとっておきのいちにち』──夏がくれた奇跡の一日:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥1,620 無料 在庫あり - 32P ¥618~ 1の中古品 -
楽天 ¥1,620 無料 在庫あり すぐ 16P ¥870~ 1の中古品 -
絵本ナビ ¥1,620 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 3P - - 1件
価格情報更新時間:2019/05/21 06:09(更新

あらすじ

ロビーは夏の間を島で過ごします。
島には、仲のいい友達のリンがいます。

毎年一度だけあえる友達です。

島についたロビーは、早速、リンと遊びます。
秘密の場所でテントをはり、秘密基地ごっこ……。

楽しい時間はあっと言う間にすぎ、明日はロビーが帰る日になりました。
帰りたくないロビーは……。

 

夏の奇跡

一夏の不思議な体験を味わう本だ。
外国の絵本だが、やはり夏のノスタルジーというものはどこの国にもあるのだろう。この『ふたりだけのとっておきのいちにち』は、そんな夏のノスタルジーを感じさせる不思議なお話だった。

毎年夏の間、島で過ごすロビーは、仲良しの友達リンと再会する。
二人は夏の短い間だけ、一緒に遊ぶことができる。リンは島に住んでいるからだ。
彼らは島につくと、早速、遊び始める。
秘密の場所で、秘密基地を作るのだ。これが結構本格的な作りで、読んでいるとわくわくしてくる。

しかし、楽しい時間はすぐに過ぎ去る。
もうロビーが明日帰るという日になって、ロビーはまだ帰りたくないと願う。そしてその夜、ロビーとリンは、こっそり寝室を抜け出してしまうのだ。

港に行くと、赤い帆の小さなボートが停まっていた。白いペンキで書かれていたのは、「アイランダー号」の文字。

「汽車がいっちゃうまで、あのボートにかくれていればいいわ」

帰りの汽車をボートに隠れてやりすごそうとの作戦のようだ。
子どもたちなりの抵抗なのだろう。実際やられると大騒ぎになるが……。いかにも子どもたちが考えつきそうな抵抗である。

 

だが、このアイランダー号、不思議なボートだったのだ……。

 

いつの間にか、海面を走り出したアイランダー号。
どこに行くのかわかっているかのように、迷いなく進んでいく。
二人は、夜明け頃、見たこともない島にたどり着いたのだった。

そこは、二人が作った秘密基地のような場所だった。
人の気配はなく、二人は楽しく遊んだ。リンはバラ色の巻き貝を見つけ、ロビーは大昔の矢尻を拾う。まるで夢のような島! 二人は夢中で遊んでいるうちに、とうとう夜に……。
二人は、丸一日、その夢の島で遊んでしまったのである。

 

夜になると、風が吹き始め、アイランダー号が流されそうになっていた。二人はあわててアイランダー号に乗り込む。

そして夜明け頃、二人は不思議にも、島の港に帰ってこれたのである。

丸一日、帰るべき日に遊んでしまった。だからきっと、すごくしかられるだろう……と足取り重く帰ってみれば……。

なんと今日が帰る日だと言われる。
ぽかんである。
一日遊んでいたはずなのに……あの夢の島で遊んだ一日は、幻の一日になってしまったのだ。

 

あれは夢だったのか? 幻だったのか?

 

しかし、あのとき拾ったバラ色の巻き貝と、大昔の矢尻はそのまま残っている。
夢じゃなかった。でも、現実でもなかった。夏の起こした奇跡だ。

 

とっておきの一日。

 

夏と、奇跡はよく似合うと思う。
それは私が、夏という季節は、ノスタルジーとミラクルがまじりあって、夢を見せてくれると信じているからだろう。

 

文章の量がとても多い

絵本だが、文字は小さく、文章の量がとても多い。児童書並の文章の多さである。
低学年からが対象だろう。

価格比較購入ナビ 『ふたりだけのとっておきのいちにち』──夏がくれた奇跡の一日:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥1,620 無料 在庫あり - 32P ¥618~ 1の中古品 -
楽天 ¥1,620 無料 在庫あり すぐ 16P ¥870~ 1の中古品 -
絵本ナビ ¥1,620 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 3P - - 1件
価格情報更新時間:2019/05/21 06:09(更新