『ぼくはここにいる』──すべては、大きなものの一部

価格比較購入ナビ 『ぼくはここにいる』──すべては、大きなものの一部:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥1,258 無料 在庫あり - 12P - - -
楽天 ¥1,258 無料 取り寄せ メーカー取り寄せ 12P - - -
Amazon ¥1,258 無料 在庫あり すぐ - ¥400~ 3の中古品 -
絵本ナビ ¥1,258 ¥505 無し - 2P - - -
価格情報更新時間:2018/12/19 02:51(更新

あらすじ

池で生まれたカエル。
あるとき、鳥から、海の話を聞く。

海を知らなかったカエルは、海に興味を持つ。
海ってどんなところだろう。見てみたい……。

カエルは木に登って遠くを見渡してみるも、海らしきものは見えない。

海はどんなところなんだろう……。

 

池で生まれたカエルは海を知らない

池で生まれたカエルを主人公に据えながら、美しい池の風景を堪能できる絵本。
どちらかというと、絵がメインで文章は添えられているように思える。

緑の鮮やかな風景は、何とも心を清らかにしてくれる。美しい風景だ。

カエルは、あるとき、鳥から、海の話を聞く。
池の中しか知らないカエルは、海を一度見てみたいと思うようになる。
木に登ってみたら、海は見えるかしら。そう思って登ってみるが、海は見えない。どうやら、海は遠いところにあるようだ。

鳥から、いろいろな話を聞くカエル。
この池だけの世界の外には、いろいろなものがあるのだと知るカエル。
やはり、海の話がカエルの心をとらえてはなさない。

そして、カエルはまた、木に登り、海を見ようとする。
そのとき、初めて、カエルは池の水面に空が映り込んでいることに気がつく。この小さな池の中に空が──。

カエルは木から飛び、池の中に飛び込む。

彼はわかったのだ。
海も、空も、池も、すべてはみんなひとつ。
この大きなもののなかのひとつである、ということ。
この大きなもののなかのひとつであるカエルは、ここにいるのだと。

世界の一部である、ということにカエルは気づいたのであった。

 

詩的で哲学的

美しい絵と、少な目の文章が詩的に映る。
結末がちょっと哲学的で、子どもにはちょっと難しいかもしれない。
幼児から低学年が対象。
おとな向けの癒しとしても楽しめる。

価格比較購入ナビ 『ぼくはここにいる』──すべては、大きなものの一部:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥1,258 無料 在庫あり - 12P - - -
楽天 ¥1,258 無料 取り寄せ メーカー取り寄せ 12P - - -
Amazon ¥1,258 無料 在庫あり すぐ - ¥400~ 3の中古品 -
絵本ナビ ¥1,258 ¥505 無し - 2P - - -
価格情報更新時間:2018/12/19 02:51(更新