『ぼくのドラゴン』──その世界では、みんなに一匹ずつドラゴンの相棒があった

価格比較購入ナビ 『ぼくのドラゴン』──その世界では、みんなに一匹ずつドラゴンの相棒があった:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon ¥1,404 無料 在庫あり すぐ 85P ¥1,264~ 4の中古品 あり
Yahoo ¥1,404 無料 在庫あり - 28P - - -
楽天 ¥1,404 無料 取り寄せ メーカー取り寄せ 14P - - -
価格情報更新時間:2019/01/17 10:05(更新

あらすじ

アオバには、一番の相棒がいる。ドラゴンのアオだ。
だけど、村の決まりで、ドラゴンの相棒のことはみんなには内緒だった。

村の人には、みんな一人に一匹、ドラゴンの相棒がいる。
ドラゴンの相棒のことは、みんなには内緒にしているのだ。

アオバとアオは、いつも一緒にいたが、大きくなるにつれ、だんだん離れている時間も多くなってきた。
そして、アオバがおとなとして認められようとするとき、アオもおとなのドラゴンとして変わりつつあった。

このままおとなになって、アオは遠いところにいってしまうの……?

おとなから子どもへ。
微妙な心の動きを描いた作品。

 

誰もが一匹、ドラゴンの相棒を持っている世界

この世界には、誰もが一匹、ドラゴンの友達がいるのだという。そのドラゴンのことは、みんなには秘密。
赤ん坊のころ、握っている手の中に卵があって、それが孵ってドラゴンになるという。

誰もが一匹のドラゴンの友達がいるということは、子どももおとなにもいるというわけだ。その上、生まれたときから一緒にいるから、成長もともにする。

主人公のアオバにも、アオというドラゴンの相棒がいた。
生まれたときから一緒にいるドラゴンだ。その関係は、兄弟のようでもあるのだろう。しかし、ドラゴンのことはほかの人には内緒なので、たった二人だけの世界がアオとの間にはある。

しかし、年月は流れる。
成長は人もドラゴンも止められない。
アオバがおとなの一員として認められることになったとき、ドラゴンのアオもまた、一人前のドラゴンになるときを迎える。羽のなかったアオから、羽が生えたアオに。子ども時代は終わりを告げ、いつも一緒にいた関係も終わりを告げる。アオは遠くに住み、必要なときだけ、アオバの元に返ってくるようになるのだ。

別れは寂しい。アオバは刻々と近づいてくる関係の変化に、あらがいがたい寂しさを感じていた。

アオバは、両親から言われる。
アオが不安なときに、アオバまで不安そうにしていたらアオはもっと不安になる。だからアオバは平気そうに、大丈夫だよと言ってあげることが大切なんだよ、と。

アオバは不安だった。
アオとの関係がどうなっていくのか。
今までのようにずっと一緒にいられなくなるのが。
でも、それはアオも同じだったと、アオバは羽の生えそうなアオの様子を見て気がつく。
一番不安なのはアオ。
自分の体から、羽が生えてきて、うまく飛べるのか。これからどうなるのか。

それに気がついたとき、アオバは自分がひしひしと感じていた不安と寂しさを押し込めて、アオに向かって笑うのだ。大丈夫だよ、と。

そして、アオはアオバより一足先におとなになった。美しい青色の翼を生やし、空を飛んだ。

アオバの中から、寂しさはすぐには消えない。でも、おとなになっても、アオバとアオは親友で相棒だ。何かがあれば、すぐに駆けつける。
そう、心はいつもそばにいるのだ。
そう思えたアオバは、今までより少しだけおとなに近づけたのではないだろうか。

子どもからおとなへ。
この物語は、その微妙な境目の心の機微を、ドラゴンというファンタジックな生き物を通して描かれている。

 

横書きでつづられるファンタジックな物語

ドラゴンが登場するが、いわゆる王道ファンタジーではなく、アオバという少年の成長を描いた作品となっている。
本文は横書きで、挿し絵も豊富に収録されている。
中学年からが対象だろう。

価格比較購入ナビ 『ぼくのドラゴン』──その世界では、みんなに一匹ずつドラゴンの相棒があった:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon ¥1,404 無料 在庫あり すぐ 85P ¥1,264~ 4の中古品 あり
Yahoo ¥1,404 無料 在庫あり - 28P - - -
楽天 ¥1,404 無料 取り寄せ メーカー取り寄せ 14P - - -
価格情報更新時間:2019/01/17 10:05(更新