『ねえしってる?』──絵本で、哲学をする

価格比較購入ナビ 『ねえしってる?』──絵本で、哲学をする:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon ¥1,188 無料 在庫あり すぐ 36P ¥748~ 5の中古品 あり
Yahoo ¥1,188 無料 在庫あり - 22P - - -
楽天 ¥1,188 無料 在庫あり すぐ 11P - - -
絵本ナビ ¥1,188 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 2P - - 7件
価格情報更新時間:2018/12/19 02:46(更新

あらすじ

はりもぐら(ヤマアラシ?)が、自然にふれつつ、疑問を投げかけていく。
その質問は、自然に寄せて、哲学的。

 

思索したい人に。

 

絵本を読んで、哲学をする

はりもぐら(ヤマアラシ?)が、自然にふれつつ、疑問を投げかけていくという本。
対象を幼児に設定しているためか、物語はなく、ただ、疑問を投げかけていくだけで話が進んでいく。

このはなが さくまで
どれだけ じかんが かかったの?

ちいさな ありは いままで
なんど ふまれそうに なったの?

こんな感じの問いが、最後まで続く。
答えが提示されることはなく、質問されっぱなしで終わる。ある意味でメッセージ性が高い絵本だといえるが、答えがはっきりしない、または答えにくい質問が続くため、残念ながら読んでいくうちに、質問の切れ味は薄れ、メッセージ性も鈍ってしまう。

印象としては、哲学的。
好みが分かれるだろう。

 

かわいらしい絵と、哲学的な問い

かわいらしい絵と、哲学的な問いが繰り返される絵本。
問いに正解がないため、読み聞かせすると逆に答えを求められて大変な目に遭いそうだ。読むときは一読必須。
幼児向け。
もしかしたら、おとな向けに書かれた絵本なのかもしれない。

価格比較購入ナビ 『ねえしってる?』──絵本で、哲学をする:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon ¥1,188 無料 在庫あり すぐ 36P ¥748~ 5の中古品 あり
Yahoo ¥1,188 無料 在庫あり - 22P - - -
楽天 ¥1,188 無料 在庫あり すぐ 11P - - -
絵本ナビ ¥1,188 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 2P - - 7件
価格情報更新時間:2018/12/19 02:46(更新