『あんみつひめさま』──妖怪にさらわれた姫様を助け出せ!

価格比較購入ナビ 『あんみつひめさま』──妖怪にさらわれた姫様を助け出せ!:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon ¥1,188 無料 在庫あり すぐ 33P ¥567~ 16の中古品 あり
楽天 ¥1,188 無料 在庫あり すぐ 33P - - -
Yahoo ¥1,188 無料 在庫あり - 22P ¥1,042~ 1の中古品 -
絵本ナビ ¥1,188 ¥505 在庫あり 平日朝8時までの注文で当日発送 2P - - 8件
価格情報更新時間:2018/10/22 21:35(更新

あらすじ

美しいという噂の姫様が、妖怪にさらわれてしまった。
姫を救い出したい殿様。
姫の救出に名乗り出た二人の侍がいたが、その二人の侍は帰ってこなかった。

そこで殿様は、町中に姫様の似顔絵をはり、姫を助け出したものにはほうびをとらせるとおふれを出した。

そこに通りがかったのは、ささざむらい。
彼は、悪い妖怪を退治したいと、姫の救出に名乗りをあげたのであった。

 

美しい姫様をさらった妖怪を退治せよ!

みつ豆城には、美しいお姫様が住んでいるという噂があった。
しかし、ある晩、お姫様は妖怪にさらわれてしまい……というプロローグから始まる絵本。

お姫様がさらわれたということで、お城の中は大変な騒ぎ。
特に父親のみつ豆殿様は大騒ぎしている。

「ちっちゃいころから
たいせつに そだててきた ひめじゃ
やっと けっこんできる としに
なったというに・・・」

「ようかいなどに とられて
たまるか!
はやく たすけるのじゃ!
ゆうかんな さむらいを
つれてこい!」

うん?
なんか、「やっとけっこんできるとしになったというに」「ようかいなどに とられてたまるか」という言い回しが引っかからなくもないけど、殿様、本当に姫のこと心配してるんだよね……? ね?

そこに名乗りをあげた侍、「さくらざむらい」と「かしわざむらい」。
彼らは姫を助け出すべく、旅立っていった。

 

だがそれが彼らをみた最後の姿だった・・・。

 

そう、この二人の侍、帰ってこなくなったのである。

殿様、待ちくたびれてかんかん。

 

いや、ふつう、「やっぱりだめだったか……」的な落胆しない?
そもそも、姫をさらった妖怪の情報が全くゼロのまま、旅立たせたのだから時間もかかるのでは……

 

殿様は、姫を取り戻すべく、今度は姫の似顔絵を町中に張って回らせた。立て札もたてた。

『あんみつひめを さらった
ようかいを たいじしたものには
ほうびを つかわす

      みつまめとの』

そこに通りがかったのは、「ささざむらい」。
悪い妖怪を退治したいと、姫の救出に名乗りをあげる。
そして妖怪退治の旅に出るのだが……全くのノーヒントで旅だって大丈夫なの……?

ヒントも手がかりもないまま旅だったささざむらい。
行く先行く先で妖怪と出くわし、これを見事に改心させ、お供にする。
お供は、「ようかんかっぱ」と「ろくろっくし」、「のっぺらきんとん」。

こうして、ささざむらいとお供たちは、いかにもあやしげな洞窟にたどり着き……なんと運のいいことに、姫をさらった「だいふくにゅうどう」に遭遇するのであった! 運がいいな本当に!

 

戦いの勝敗は、簡単についた。
あんまり簡単に勝敗がつきすぎて、ささざむらい一行も肩すかしをくらった状態だ。
しかし、これには理由があった……。

「はぁー あのひめさまのせいで
ぐったりなんじゃ
よめにしようと さらったが
とんでもない くいしんぼうでの・・・
さっさと つれて かえってくれ!」

 

くい……しんぼう……?

 

あれ、美しい姫様という噂だったけど……食いしん坊な美しいお姫様なの…か……?
でも、さっさとつれて帰ってくれ、とは……?

いやな予感がもりもりしてくる。
そして、そのいやな予感は見事的中したのであった。

 

部屋の奥で、もちを食べまくる姫様。
あれ、これ、殿様が家来に書かせた似顔絵の姫様とちょっと違うんじゃない……?
姫様の近くでは、餅を丸める「かしわざむらい」と、お茶をいれる「さくらざむらい」……二人とも妖怪との戦いで命をおとしたわけではなく、姫様の給仕をさせられていたのであった。

しかも、姫様、お城に帰りたくない様子。
大福入道のおもちを食べ続けたいし、お城の者たちは何かとうるさいから帰りたくないとのこと……。

 

なんだかなぁー……

 

そこでささざむらいは、姫様を踊りに誘う。踊りといっても、ダンスではなく、盆踊りのほうである。みんなが踊り出す。姫様もつられて踊りだした。踊りは一晩中続き、疲れた姫様は眠ってしまう。
その隙をついて、ささざむらいは「ささまきのじゅつ」で姫をぐるぐる巻きにして、強引に城につれて帰ることに。

 

……これ、簀巻きにしてるのとかわらなくない……?

 

お城に姫を連れ帰ったささざむらい。
殿様は大喜び。そして殿様はいうのだ。

「だれかに ひめの
むこに なってもらおう」

これには、結構です、と逃げ出す仲間たち。
最後に残ったささざむらいは、結婚をお断りして、ある提案をするのであった……。

うーん、その提案も、なんだかなあ……?

 

明るい色合いの、かわいらしい絵柄で描かれるお菓子の世界は、見ているだけで楽しい。丁寧に書き込まれた背景、景色が、この絵本の世界観に色を添えている。

 

見た目より文章の量が多い

文字のサイズが小さめで、文章の量もそこそこある。
話の内容はコメディ。王道なお姫様を期待して読むとがっかりする女の子もいるだろう。
幼児、低学年向け。

価格比較購入ナビ 『あんみつひめさま』──妖怪にさらわれた姫様を助け出せ!:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon ¥1,188 無料 在庫あり すぐ 33P ¥567~ 16の中古品 あり
楽天 ¥1,188 無料 在庫あり すぐ 33P - - -
Yahoo ¥1,188 無料 在庫あり - 22P ¥1,042~ 1の中古品 -
絵本ナビ ¥1,188 ¥505 在庫あり 平日朝8時までの注文で当日発送 2P - - 8件
価格情報更新時間:2018/10/22 21:35(更新