なおみはいつもわたしのそばにいた──『なおみ』

価格比較購入ナビ なおみはいつもわたしのそばにいた──『なおみ』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥972 ¥505 無し - 1P - - 12件
Amazon ¥14,997 無料 無し - - ¥3,100~ 6の中古品 あり
価格情報更新時間:2017/11/18 20:51(更新

なおみはいつもわたしのそばにいた。
わたしが生まれるずっと前から。

 

みずみずしい少女が、人形とすごした短いひととき

「なおみ」という名前の人形と、「わたし」が過ごした短いひとときを、写真とともにつづっていく一冊。

なおみと過ごす少女時代。人形のなおみは顔の角度によって、しかめ面をしているようにも、笑っているようにも見えます。人の形を模した人形。だからでしょうか、得も言われぬ魅力を放っています。それはただ綺麗や可愛いといった次元のものではなくて、圧倒的な存在感とともに心を虜にする魅力。

その魅力は、単に人の形をしているという理由だけではなく、彼女の中に蓄積された、「少女たちと過ごした時間」が魅力となって放出されているのかもしれない。

なおみは「わたし」には見えない遠くを見て、遠ざかる足音を黙って聞く。
少女はなおみの中に友情を見、ともに眠りながらも嫌い、仲直りをする。「わたし」にとってなおみとは、究極の分身であり、最も親しい友人、親友。

だが、その蜜月も永遠には続けてはいけない。
みずみずしい少女の輝きが他の光へ変わっていくとき、少女は「なおみ」を一度殺さなければならない。それは無自覚に、避けられない悲劇として嘆き、反面、実は能動的に。

 

「なおみ」は少女の心の中にいる

写真の角度によっては人形の「なおみ」がとても生々しく、生きている少女のように見えて、人形好きの私の目にも不気味に映ります。それが、人形の「なおみ」の抱えた蓄積された「何か」なのかも。扉の時計の写真と、奥付前のページの時計の写真が意味深です。

写真集の体も見せるこの一冊、おとなが見ると様々な解釈をしたくなるでしょう。ややもすれば不気味にも見える内容、コアなファンもついているようです。

人形遊びをしたことのある女性なら、心の中に「なおみ」がいたかもしれません。「なおみ」は少女の心の中でほんの一時だけ息を吹き返し、そして死ぬのです。

この絵本の最後をどうとるかは、読み手次第……

 

文章はひらがな、短文だけど……

内容がとても人を選びます。
日本人形が怖い人や、苦手な人には恐ろしささえ感じる内容でしょう。復刻されるほど望まれた絵本ではありますが、この独特な雰囲気に好き嫌いが分かれそうです。
読み聞かせにはあまり向いていない内容でしょう。

価格比較購入ナビ なおみはいつもわたしのそばにいた──『なおみ』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥972 ¥505 無し - 1P - - 12件
Amazon ¥14,997 無料 無し - - ¥3,100~ 6の中古品 あり
価格情報更新時間:2017/11/18 20:51(更新