『とげとげ』──愛情のあたたかさを描いた絵本

価格比較購入ナビ 『とげとげ』──愛情のあたたかさを描いた絵本:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,439 ¥505 無し - 2P - - 19件
価格情報更新時間:2019/06/25 02:48(更新

あらすじ

とげとげと呼ばれている女の子。
彼女の体にはとげが生えていました。
彼女は、自分がどこで生まれたのか、誰の子どもなのかわかりませんでした。そう、自分の名前すら知らなかったのです。

とげとげは、みんなにいじめられていました。
心ないことばをなげかけられるたび、彼女のとげは長くなっていきました。

居場所のないとげとげは、行く宛もなく歩き出すのでした。
しかし、彼女の目の前に立ちはだかったのは、乱暴者のサル……。

 

愛のあたたかさを描く

表紙を見る。
トゲの生えた、正体不明の生き物が描かれている。宇宙人?と最初に思った。
残念ながら、この正体は最後まで明らかにされない。

 

この子はとげとげと呼ばれている。
そして、女の子。
自分が何者なのか、どこからきたのかもわからない。自分の名前も知らないという。
とげとげというのは、みんながそう呼んでいるだけの名前だ。

体からとげが生えているせいで、とげとげはみんなにいじめられていた。
心ない言葉を投げつけられるたび、とげは長くなる。
心の壁や距離が増したということだろう。

とげとげは、ひとりぼっちだった。
聞こえてくる、陰口……。
とげとげがかわいそうでかわいそうで見ていられない。

居場所のないとげとげは、どこに行くあてもなく、歩き出す。
そこへ立ちはだかるのは、サル。
現実的な大きさを超えて描かれるでかいサルは、とげとげの恐怖を表現している。サルは、よそへ行くのなら、おれの挨拶を受けていけ、という。
挨拶というのは、単なる挨拶でないことは確かだ。暴力的な意味での挨拶である。

サルに棒でぼかぼかたたかれるとげとげ。
誰も助けてくれない……それなのに、彼女は助けを求めていた。

誰も助けてくれないのに……

と、そこに飛び出してきたのはヤマアラシ。
彼は針を逆立て、サルを撃退したのだ!

 

ヤマアラシはトムと名乗った。
そしてトムは、とげとげに親しげに話しかける。おまけにとげとげを「かわいいおじょうさん」と呼ぶのだ。

 

その後、二人は距離を縮めていく。とげとげの鋭く立ったトゲは、次第に寝かせられるようになり……傷ついていた彼女の心は、トムの暖かさで癒えていくのであった。
これは、愛だろう。
あたたかかな愛が、二人の間に芽生えつつあるのだ。

この絵本は、愛の深さや愛のあたたかさを描いた絵本だった。

とげとげは、ひとりぼっちから伴侶を得るに至った。
彼女がこれから幸せになることを願わずにいられない。

 

少しずつ、幸せに

愛情を描いた作品。低学年からが対象だろう。
深いテーマなので、伝えることがむずかしい。

価格比較購入ナビ 『とげとげ』──愛情のあたたかさを描いた絵本:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,439 ¥505 無し - 2P - - 19件
価格情報更新時間:2019/06/25 02:48(更新