『さようなら、わたしの恋』──失恋の痛みから立ち上がる少女を描く

価格比較購入ナビ 『さようなら、わたしの恋』──失恋の痛みから立ち上がる少女を描く:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon ¥1,296 無料 在庫あり すぐ 36P ¥816~ 3の中古品 あり
楽天 ¥1,296 無料 在庫あり すぐ 36P ¥1,114~ 2の中古品 -
Yahoo ¥1,296 無料 在庫あり - 24P - - -
絵本ナビ ¥1,296 ¥505 在庫あり 平日朝8時までの注文で当日発送 2P - - 1件
価格情報更新時間:2018/09/22 11:13(更新

あらすじ

少女は失恋してしまった。
悲しみにくれ、泣き続けて泣き続けて……。

心の痛みは、いつになったら癒えるの?

失恋の痛みから立ち直る少女の姿をつづった一冊。

 

失恋の痛みから、立ち上がる

失恋とはできれば体験したくないものである。
心は裂け、痛みを発し、誰かを責めたくても誰を責めればいいのかわからない。途方に暮れ、持て余した悲しみや苦痛が断続的に襲いかかってくるのである。

本書に登場する失恋をした少女もまた、その苦しみにむせび泣いていた。
泣いて泣いて、涙がかれるまで泣いても苦しみは続く。
短い文章でつづられる苦しみは、心に悲しく響いてくる。突き刺さるようだ。

しかし、失恋の悲しみは、いつまでも続かないものなのかもしれない。
いや、……どうだろう。人によるとしかいえないのかもしれない。失恋とは、人それぞれ違うものだから。
だが、この本に登場する少女は、あるとき涙がぱたりと止まった。

そして彼女は、自分を取り巻くものに目を向け始めたのである。
川のせせらぎ、そよ風……彼らはなにを思っているのだろう。なにを話しているのだろう……そしてさえずる鳥はなにを話しているのだろう……。

彼女の心の痛みは、次第に和らぎ、薄れていく。
そして再び立ち上がり、彼女は歩み始めるのだ。

何かの拍子に、痛みはよみがえるかもしれない。
でも、彼女は歩き出すだけの力を取り戻したのだ。

 

これは、失恋の痛みから立ち上がる、強さと再生の詩である。

 

失恋がテーマ

失恋に際する心の機微は、体験したことのある人でないと共感しづらいかも。ティーンズからおとな向けだろう。
文章の量は少な目。

価格比較購入ナビ 『さようなら、わたしの恋』──失恋の痛みから立ち上がる少女を描く:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon ¥1,296 無料 在庫あり すぐ 36P ¥816~ 3の中古品 あり
楽天 ¥1,296 無料 在庫あり すぐ 36P ¥1,114~ 2の中古品 -
Yahoo ¥1,296 無料 在庫あり - 24P - - -
絵本ナビ ¥1,296 ¥505 在庫あり 平日朝8時までの注文で当日発送 2P - - 1件
価格情報更新時間:2018/09/22 11:13(更新