『もらったものはもらったもの』──相手を交渉に応じさせるためにはどうする?

価格比較購入ナビ 『もらったものはもらったもの』──相手を交渉に応じさせるためにはどうする?:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,296 ¥505 無し - 2P - - 15件
Amazon - - 無し - - ¥2,130~ 4の中古品 あり
楽天 - 不明 - - - - - 3件
価格情報更新時間:2018/08/16 11:52(更新

あらすじ

三つの車のおもちゃをもって、友達エドモンのところに遊びに行ったシモン。
エドモンは、赤い車のおもちゃを持っていた。

ふと、シモンは、赤い車っていいよな……と漏らすと、エドモンは、取り替えっこしてあげようか?と言い出した……。

相手の心理をついて物事を運ぶ、舌戦が楽しい絵本。

 

交渉とは……こういうことをいうのか……!

まるで「おれのものはおれのもの、おまえのものもおれのもの」的なにおいのするタイトルである。
そんな強引な展開はないのだが、機転が利いているというか、うまくやった的な物語であることは確かである。

 

主人公、うさぎのシモン。
彼は、青と黄色と緑のおもちゃの車をもって、友達のエドモンのところに遊びに行く。
シモンはなぜか目元だけのマスクとマントをつけているのだが、なんかちょっとしたヒーローのような格好である。もちろん、彼はヒーローなんかではないし、この話もヒーローの話ではない。

友達のエドモンは、赤いおもちゃの車を持っていた。
シモンは、彼の赤い車を見て、思わずこう言う。

「ぼくも あかい くるまが ほしいな。
あかって だいすき」

それを聞いたエドモン、こう言うのだ。

「とりかえっこして
あげようか?」

この瞬間、シモンとエドモンは交渉の戦いに身を投じることとなったのだ……!

シモンは、エドモンの赤い車を見て、その車かっこわるいからいらない、と言う。
エドモンは、いやいやなに言ってんの?これ最新式だし。緑の車とならかえっこしてあげるよ、と交渉してくる。

このあたりの交渉、エドモン鮮やかである。本当に子どもだろうか、といったレベルである。
赤い車は最新式、シモンの持っている車なんかよりずーっとすごい。
それを繰り返すエドモン。
シモンは、だんだん、赤い車がすごく思えてきた。
そして、シモンは言うのだ。

「ふーん。じゃあ、
あおと きいろと みどりと だったら、
とりかえっこする?」

しかしエドモンはすぐには飛びつかない。
たっぷりじらしてから、しょうがないなあというように交渉に応じるのだ。

かくして、エドモンは車が三つになり、シモンは赤い車を手に入れた。

そしてお互いに、「もらったものはもらったもの。もう返さないよ」と宣言するのである……。
大丈夫かなー……。

 

家に帰ったシモンは、早速、赤い車を弟に見せた。
弟、一言。

「へんなの」

しかもぼろいと言われて、シモンは言い返す。
これは最新式だと。
いやー……いやー……シモン、ひょっとしたら、だまされて……。

 

そして事件は起きた。

 

赤い車を走らせようとしたら、パキンと二つに割れてしまったのだ。
おいおい、これ不良品じゃねーか!
エドモンのやつ、わかってて、取り替えると言ったのに違いない。なんてやろうだ。
でも「もらったものはもらったもの、もう返さない」と言っちゃったしな……。

シモンは地団太を踏んで悔しがった……ことはなく、冷静に考えた。
そしてとてもいい方法を思いついたのだ。
三つの車を取り返し、なおかつ、赤い車を返す方法を……。

 

ここからのシモンの逆転劇がおもしろい。
本当に子どもか?と疑うような機転を利かせて、見事に三つの車を取り返し、赤い車を返すことに成功するのだ。

 

なるほど、交渉とはこういうことをいうのか……。

 

軽妙なやりとりの中に攻防戦光る

シモンとエドモンの交渉術が光る一冊。
ただの仲のよい友達ではなかったのであった。
二人とも、賢いなぁ。

低学年向け。

価格比較購入ナビ 『もらったものはもらったもの』──相手を交渉に応じさせるためにはどうする?:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,296 ¥505 無し - 2P - - 15件
Amazon - - 無し - - ¥2,130~ 4の中古品 あり
楽天 - 不明 - - - - - 3件
価格情報更新時間:2018/08/16 11:52(更新