『しんた、ちょうたのすっとびかご! なぞのおおにもつ』──かごの中の荷物はなんと……

価格比較購入ナビ 『しんた、ちょうたのすっとびかご! なぞのおおにもつ』──かごの中の荷物はなんと……:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,296 ¥505 無し - 2P - - 4件
価格情報更新時間:2019/06/18 20:28(更新

あらすじ

かご屋で働くしんたとちょうたは、夜、かごを担いで仕事に行きます。

黒ずきんの怪しい男が声をかけてきました。
男はなにやら、大きな荷物をかごにのせ、出発するように命じてきました。
言われるまま、かごに荷物をのせて走るしんたとちょうた。
たどり着いたのは、空き屋敷。

誰もいないはずなのに、怪しい男は屋敷に入っていきました。
残されたしんたとちょうた、そして大きな荷物。

大きな荷物から、うめき声が聞こえてきて……。

 

時代劇風絵本

時代劇好きな子は好きになりそうな絵本だ。
舞台は江戸。本文は書き文字でかかれており、話し言葉は江戸っ子そのもの。
これだけで世界観は構築されているようなものである。

 

かご屋で働く、しんたとちょうた。
夜もかごを担いで働く。

声をかけてきたのは黒ずきんの謎の男。格好で身分ある身とうかがえるが……。
男がしんたとちょうたに任せたのは、なぜの大きな荷物。
大きな荷物をかつぎ、男の言うままにかごを走らせていたしんたとちょうた。
止まったのは大きな空き屋敷だ。

しんたとちょうたを残し、黒ずきんの男は空き屋敷に入っていく。誰も住んでいないはずなのになぜ……?
荷物からうめき声が聞こえ、しんたとちょうたは怪しんで荷物を解いた。すると中から出てきたのは!

 

猿ぐつわをかまされた、きれいなお姫様!

 

これは大きな事件に巻き込まれたぜ、としんたとちょうた。
逃れる暇なく、巻き込まれていく……。

 

……とまあ、時代劇の王道を行くお話展開である。
ただわかりづらいのは、場面転換が多く、一方そのころでは……というページが多いこと。あと、しゃべり言葉に括弧がないため、非常に読みづらい。誰がしゃべっているのかパッとわからない箇所もある。
絵は勢いがあって、迫力満点。

 

最後はハッピーエンドで終わる。読後感はすっきりである。
時代劇に興味がある子なら楽しめるだろう。

 

個性的な絵でつづられる時代劇風物語

時代劇風のお話が展開されるのだが、わりと難しい言葉が出てくる。一人読みはつらいかもしれない。
低学年からが対象。
読み聞かせは江戸っ子らしく粋にキメたい。下読み必須。

価格比較購入ナビ 『しんた、ちょうたのすっとびかご! なぞのおおにもつ』──かごの中の荷物はなんと……:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,296 ¥505 無し - 2P - - 4件
価格情報更新時間:2019/06/18 20:28(更新