『くもかいじゅう』──子どもを食べるぞ、くもかいじゅう

価格比較購入ナビ 『くもかいじゅう』──子どもを食べるぞ、くもかいじゅう:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
楽天 - 不明 - - - - - 1件
価格情報更新時間:2019/10/18 08:28(更新

あらすじ

突如として現れた雲怪獣。
雲怪獣は、子どもを食べるのだ。

雲怪獣はさまざまな条件をつけて、食べる子どもを絞っていく。

そして、最終条件にかなった男の子がいた……!

 

子どもを食べるくもかいじゅうが現れた!

ある日突然現れたのは、「くもかいじゅう」。
それはもう、なんの前置きもなく、ぽかんと現れる。
この雲怪獣、

「さーて、きょうは どのこに しようかな…」

……と、なぜか子どもを物色し始める。
なぜか?
そう、この雲怪獣、どうやら子どもを食べるらしいのだ。

町は恐怖に凍り付き、子どもを抱えた家族は小さくなってふるえている。
雲怪獣はそんな光景に、自分も偉くなったもんだと得意顔。今日は男の子を食べようかと言い出す。

男の子がいる家は恐怖に震え上がる。

雲怪獣は条件を絞っていく。
野菜嫌いな子、ゲームを一時間以上する子……
なんだか教訓的な条件をやたらと持ってくる雲怪獣である。

最後の最後に「お尻に左右に二つずつほくろがある子」というよくわからん条件を持ち出してきた雲怪獣。理由はかわいいから、とのこと。
かわいい……か……?

まさかお尻に二つほくろのある子は都合よくいないだろう、と雲怪獣も言っていたのだが、なんと当てはまる子がいた。なんて運の悪い。

その子と家族は車に飛び乗って、雲怪獣から逃げる。逃げる逃げる逃げる!
あわや、というときにそのこのお姉さんがお尻にほくろを書き足した。

ほーらお尻に三つもほくろがある。二つじゃないわよ作戦である。

雲怪獣は、うーん三つほくろはかわいくない、ならば仕方ない……とあきらめて立ち去っていく。食べるのをあきらめるほどに、三つのほくろはかわいくないらしい。ほくろ偉大なり。

怪獣は三つ目のほくろ、なんか変だったな……とか思いながら、次の場所でまた子どもを物色しようと考えるのであった……。

 

今日はあなたの町に現れるかも……。

 

恐ろしいくもかいじゅう

突如として現れた雲怪獣に逃げまどう一家。
倒されずそのままどこかに行って、また食べる候補を探す……というモンスターパニック映画の終わり方のような結末である。
しかし話は意外と通じるので、話し合いによっては回避できそうな感じである。

幼児、低学年向け。

価格比較購入ナビ 『くもかいじゅう』──子どもを食べるぞ、くもかいじゅう:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
楽天 - 不明 - - - - - 1件
価格情報更新時間:2019/10/18 08:28(更新