『がたぴしくん』──もう一度走りたい、その気持ちに力を貸してくれたのは

価格比較購入ナビ 『がたぴしくん』──もう一度走りたい、その気持ちに力を貸してくれたのは:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
楽天 - 不明 - - - - - 1件
価格情報更新時間:2019/07/17 12:18(更新

あらすじ

古いバスのがたぴしくん。
長い間お客さんを乗せて走っていましたが、ついに故障で引退することになりました。

街の広場に置かれたがたぴしくん。毎日子どもが遊びに来てくれます。
そんな毎日に喜びを感じつつも、やっぱりまた走りたいという気持ちが捨てきれず……。

 

引退したバスのがたぴしくん、再び喜びを得る

古いバスの「がたぴし」くん。
がたぴしとは、エンジンががたぴしと鳴るから、がたぴしくんと呼ばれるようになったそうだが、エンジンが「がたぴし」と鳴るという様子を想像できないのは私だけだろうか……。故障しかかっているのでは、などと無粋なことを考えてしまう。

がたぴしくんは、お客さんを乗せて走るのが好きだった。自分の仕事に誇りを持っていたのである。
しかしあるとき、がたぴしくんは、故障して走れなくなってしまった。
だが街のみんなに愛されていたがたぴしくんは、広場におかれるようになる。
がたぴしくんが街の人たちを愛していたように、街の人たちもまた、がたぴしくんを愛していたのである。仕事の引退としては、いい形での引退だろう。

しかし、がたぴしくんは、今の境遇に満足しなくてはと思いつつも、町中を走るバスや車を見て、自分もまた走りたいと思う。無理な願いだとわかっていたがたぴしくんに、あるとき奇跡が起こる。

迷子になったきつねの子どもを助けてあげたいという気持ちが、満月に届いたのだろうか。がたぴしくんの壊れていたエンジンが再び動き出したのである!
月の力を借りて走り出したがたぴしくん。その姿は現役時代と変わらない。いや、もっと生き生きとしているかもしれない。

無事に子ぎつねを送り届け、ついでにきつねたちを目的地まで乗せていったがたぴしくん。
その達成感はいかほどだったろう。

それからというもの、満月の夜には、がたぴしくんはきつねの遠足につきあうようになった。
お客さんを乗せる喜びを謙虚にかみしめていたからこそ、満月もがたぴしくんに力を貸してくれたのだろう。
がたぴしくんはこれからも、お客さんを乗せることに喜びを感じていくに違いない。そのたび、エンジンはうれしそうにがたぴしと鳴るのだろう。

 

不思議で、少し心の中があたたかくなる絵本だ。

 

話を楽しむタイプの絵本

どこかかわいらしさのある絵柄も素敵だが、どちらかというと話を楽しむタイプの絵本。
文章の量はそこそこあるので、読み聞かせに少々時間がかかる。
幼児、低学年向け。

価格比較購入ナビ 『がたぴしくん』──もう一度走りたい、その気持ちに力を貸してくれたのは:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
楽天 - 不明 - - - - - 1件
価格情報更新時間:2019/07/17 12:18(更新