『ぼくとポチのたんてい手帳』──怪しい場所には何かある

価格比較購入ナビ 『ぼくとポチのたんてい手帳』──怪しい場所には何かある:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,080 ¥505 無し - 2P - - 8件
楽天 - 不明 - - - ¥738~ 1の中古品 1件
価格情報更新時間:2019/06/25 03:00(更新

あらすじ

ぼくと犬ポチが、怪しそうな場所に行って、何か事件を探します。
すると、怪しい場所に犯人探しのポスターを発見します。
早速、探偵七つ道具をもって出発だ。

だけど、犯人を捕まえるには、事態は意外な方向に転がっていって……。

 

ぼくと犬のポチの探偵録

ぼくと犬のポチが、怪しい場所に行き、犯人探しのポスターを見つけて、事件を解決したりしなかったりする話。

絵がかわいらしく、見覚えのある絵柄だったので読んでみたのだが……

読後、最初の感想は、よくわからない、だった。

 

探偵手帳というからには、何か事件が起き、この二人が解決していくのだろうと思っていたが、まるで違う。
怪しい場所を捜査し、やっと見つける犯人探しのポスター。そして探偵の道具をもって犯人を探しに行く。この繰り返しを何度か続ける。
短編集の様相を呈しているが、犯人はクマとか、カタツムリとか、すでに特定されていて、推理要素はなし。探偵の道具を持っていくのだが、それを使う場面もなし。犯人も見つかるのだが、捕まえるという感じではなく、犯人探しのポスターの周りに犯人が集まっていた、というよくわからない結末を迎えて話が終わる。

正直、テンポというか、話の展開というか、ノリが全くあわなくて、はっきり言って冗長に感じてしまった。途中から読むのがつらかった。文章量はとても少ないので、おとななら20分ぐらいで読めるのが幸いだった。
探偵七つ道具という魅力的な項目もあるのに、ぜんぜん生かされないのは惜しすぎて……。

コメディにしてはノリが淡々としているし、オチも飛び抜けたものがない。自己完結しているオチも多く、探偵の要素がほぼゼロなのが惜しい。だが、最終話にあたる話はおもしろく感じた。

 

独特なノリがあえば、おもしろく読み進められるだろう。絵もとてもかわいい。探偵ものだと思わず、探偵(捜し物という意味の)ものだとして読めばおもしろい世界観だと思う。

 

日記風につづられていく話

本文は日記風に、日付から始まる。主人公の男の子と犬のポチが怪しい場所に行き、怪しいものを探す……という定型流れで物語が進んでいく。コメディ寄り。
低学年からが対象。

価格比較購入ナビ 『ぼくとポチのたんてい手帳』──怪しい場所には何かある:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,080 ¥505 無し - 2P - - 8件
楽天 - 不明 - - - ¥738~ 1の中古品 1件
価格情報更新時間:2019/06/25 03:00(更新