『おばけだじょ』──怖いようで怖くない、でもちょっと怖いかもしれない本

価格比較購入ナビ 『おばけだじょ』──怖いようで怖くない、でもちょっと怖いかもしれない本:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥1,320 無料 在庫あり - 13P ¥990~ 1の中古品 2件
楽天 ¥1,320 無料 在庫あり すぐ 13P - - 18件
絵本ナビ ¥1,296 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 2P - - 18件
価格情報更新時間:2020/05/28 01:13(更新

あらすじ

正体不明の黒い物体。
「おばけだじょ」と自己申告してくるが……

果たして、彼(彼女?)はおばけなのだろうか!?

 

展開がおもしろい一冊。

 

かわいらしい……とはあまりいえないが……

かわいらしい……というのだろうか。
「おばけだじょ」と、表紙に描かれている正体不明のおばけっぽい何かが現れる。次に「たべちゃうじょ」と言って牙をむくところなどは、かなり怖い絵面になっている。あんまりかわいらしくない。むしろこわい。

そうして、この正体不明な物体の正体が、終盤になって明らかになるのだが、わーかわいいーという感じにならない。こわい。絵が。

怖さを盛り上げていくところが最高潮でドラマティック。「ぐわぁぁぁ」と迫ってくる次のページの「おばけだじょ?」のテンションの格差はおもしろいが、上述したように絵が怖い。なぜだろう。たぶん、目が笑っていないからかもしれない。

この絵本のおもしろいところは、正体不明の黒い生き物の正体が分かって安心した後、もう一波乱用意されているところだと思う。ホラー映画の定番を見るようでおもしろい。

 

どうにも絵が怖い。

 

お化けは出てこないが……

お化けは出てこないが、絵のインパクトはかなりある。絵が怖いかそうでないかは読み手の感覚によるが、展開がおもしろい一冊。読み聞かせ映えするだろう。
幼児向け。

価格比較購入ナビ 『おばけだじょ』──怖いようで怖くない、でもちょっと怖いかもしれない本:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥1,320 無料 在庫あり - 13P ¥990~ 1の中古品 2件
楽天 ¥1,320 無料 在庫あり すぐ 13P - - 18件
絵本ナビ ¥1,296 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 2P - - 18件
価格情報更新時間:2020/05/28 01:13(更新