『こぶたのレーズン』──小人と子豚のほんわか心温まる同居エピソード集

価格比較購入ナビ 『こぶたのレーズン』──小人と子豚のほんわか心温まる同居エピソード集:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,080 ¥505 無し - 2P - - 5件
楽天 - 不明 - - - - - 1件
価格情報更新時間:2020/07/04 00:39(更新

あらすじ

小人のマノーと、緑色の子豚のレーズンが一緒に住むようになって……
その中での心温まるエピソードを短編として収録した短編集。五つのお話が入っている。

ちょっとワガママでやんちゃなレーズンと、レーズンとうまく付き合っていくマノーの優しい物語。

 

小人と子豚の温かな同居生活

小人のマノーとも緑色の子豚、レーズンのほんわか心温まる短編集。
ひょんなことで、マノーは子豚と一緒に暮らすことになった。
子豚は、レーズンみたいにちっぽけだから、前にいた場所を出されたのだという。子豚をレーズンと名付け、マノーと二人、ささやかな生活が始まる。

なんといってもも物語全体を包む、優しい空気が心を癒される。
レーズンは子豚だからか、ワガママだし、自分勝手なところもあるのだけど、マノーはそれをうまく操って、このささやかな同居生活を維持していく。マノーのおかげか、読んでいるうちに、レーズンのかわいらしさを感じられるようになっていく。

マノーは友人のカラスとこんな会話をする。

(前略)カラスはいいました。
「こんな小さいこぶたのめんどうをみるのは、たいへんだろう。だれにでもできることじゃないよ。」
 すると、マノーはただ、こういいました。
「ひとりですむのだって、らくじゃないさ。それに、だれかといたら、それだけで、たのしく時間がすぎるもの。」

マノーとレーズンの関係はとても不思議だ。
親子のようであって親子でない。親友同士かといえば違う。レーズンはマノーのことを「マノーちゃん」と呼ぶし、マノーの一人称は「ぼく」でマノーの性別も良く分からない、なんとも判断しづらい関係の二人だと思う。でも、彼らは絆のようなもので、しっかりと結ばれている。
お互いがお互いを好ましく思っているから、一緒にいたら、楽しく時間が過ぎていくのではないか。

本も終盤のほうになると、レーズンのかわいさが引き立つようなお話が登場する。
「〝ほんもの〟のみどりのこぶたのはなし」では、レーズンがあまりにかわいらしくて、見ていて心が和んだ。

マノーのことを思って、雪の残る外に、カボチャの種を植えるレーズン。
寒い季節にカボチャの種を蒔いてもダメなのだが、マノーはあえてそれを指摘しない。暖かくなったら、種をまきなおして、芽が出てきたらレーズンに「ぼくのために蒔いてくれたんだね」と言おう、と心に誓う。
このマノーの優しさ。レーズンの優しさ。お互いを思いやっている優しさが、じんわりと心に灯る。

荒んでいた心が、ほぐされるかのような、ささやかでかわいらしいお話ばかりだ。
疲れたおとなにも、おすすめしたい。

 

字が大きめの児童書

字が大きめの児童書。
中学年ぐらいが対象だろう。
全編を通して、ほんわりとした優しさが漂っているので、疲れたおとなにもおすすめしたい。

価格比較購入ナビ 『こぶたのレーズン』──小人と子豚のほんわか心温まる同居エピソード集:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,080 ¥505 無し - 2P - - 5件
楽天 - 不明 - - - - - 1件
価格情報更新時間:2020/07/04 00:39(更新