『おひさまパン』──厳しい寒さが続く日々も、お日様パンで心を照らす

価格比較購入ナビ 『おひさまパン』──厳しい寒さが続く日々も、お日様パンで心を照らす:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
楽天 ¥1,430 無料 在庫あり すぐ 14P - - 50件
絵本ナビ ¥1,404 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 2P - - 121件
Yahoo - - - - - ¥700~ 1の中古品 -
価格情報更新時間:2020/06/02 11:57(更新

あらすじ

吹雪の続く、寒い日々。
お日様が顔を見せなくなって、みんな寒さに家の中に閉じこもっています。

パン屋さんは、お日様恋しさに、自分がお日様の代わりになるパンを作ろうと思い立ちます。
パン屋さんが作ったパンは、不思議なお日様パンになり、集まってきた町の人たちの心を暖かくしました。
食べれば、もっと心の中が暖かくなり、なんと、みんなが空へと舞い上がったのです。

空を漂い、飛び跳ねたりしていると、ついに本物のお日様が目を覚まして……。

 

春待ちの季節に読みたい本。

 

春待ちの暖かなお日様を恋しく思って

厳しい寒さに見舞われる町。
お日様は、どんよりとしたクモの向こう側に隠れてしまって、雪交じりの風邪が吹き荒れている。

そんな天候だからか、町の人々は家に引きこもったまま、なかなか外に出てこない。
みんな、お日様が顔を出してくれるのを待っている。

そんな中、お日様が恋しいパン屋さんは、お日様味の特別なパンを作ろうと思い立つ。

「ほんとうのおひさまは かくれたままだから
わたしが うちで、ちいさなおひさまを つくるってわけ」

外の吹雪に負けない、前向きなパン屋さんである。
パン屋さんは、生地をこねこね、パンを作る。お日様パンを。
お日様味ってどんな味なんだろう……と疑問が湧いてくるが、描かれるパン生地はまさしく黄金色のお日様の色だ。
そしてかまどで焼くと、お日様パンはふくらんでふくらんで……すごーく大きなパンに焼きあがった。

お日様パンの焼きあがる匂いに誘われて、集まってくる、町の住人たち。
長く厳しい寒さに疲弊した心は一気に吹き飛び、みんな明るい顔をしている。

「パンやさんが おひさまを つくっちゃった!」

長く厳しい寒さの中を過ごしていると、自然と不満が溜まっていくし、顔からは笑顔が消える。
人間関係もギスギスしてきて、引きこもりがちになる。
でも、パン屋さんが作ったお日様パンは、そんなみんなの心に温かな火を灯したのだ。

食べると一層、心が温かくなる、「お日様パン」。
もう、普通のパンではない。不思議なパンだ。
みんなが集まってパンを食べたら、なんと、みんなは空に舞い上がり、空を漂ったり飛び跳ねたり……寒いんじゃないかと思ったけど、お日様パンがそんな寒さを打ち消してくれるのだろう。

そうして、ついに、本物のお日様が目を覚ました。

お日様の目覚めに、みんな大喜び。
長い寒さの日々がもう終わるのだから。

パン屋さんは、お日様にお日様パンを勧め、お日様はパンを平らげる。
それは、これから始まる温かな日々を照らし続けるための、大切な力の源のようにも見える。
長く寒い季節はようやく終わりを迎えたのだ。

今も、寒い曇り空の日に、パン屋さんと仲間達が、お日様の代わりになる温かなパンを作っているのだとか。

寒い日々が長く続けば続くほど、恋しくなるお日様。
曇天の日には、雲の向こう側で、パン屋さんたちが、温かなお日様パンを作っているのかな。

 

文章量はそこそこある

文章量はそこそこ。
低学年向けだろう。
文章に独特なリズムがある。

裏表紙に、お日様パンの作り方が載っており、作ってみるのも楽しいかも。

価格比較購入ナビ 『おひさまパン』──厳しい寒さが続く日々も、お日様パンで心を照らす:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
楽天 ¥1,430 無料 在庫あり すぐ 14P - - 50件
絵本ナビ ¥1,404 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 2P - - 121件
Yahoo - - - - - ¥700~ 1の中古品 -
価格情報更新時間:2020/06/02 11:57(更新