『こんなおつかいはじめてさ』──結構ハードなお使いを繰り広げる

価格比較購入ナビ 『こんなおつかいはじめてさ』──結構ハードなお使いを繰り広げる:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,404 ¥505 無し - 2P - - 16件
Amazon - - 無し - - ¥1,565~ 2の中古品 あり
価格情報更新時間:2018/09/22 11:12(更新

あらすじ

家のリンゴの木がリンゴを実らせたので、おばあちゃんの家に届けに行くというお使いを頼まれた「ぼく」。
早速、自転車に飛び乗って、イヌと一緒に出発だ!

行く先々ではいろんなハプニングが!
山あり谷ありのこのお使い、無事に果たすことが出来るかな?

 

自転車で結構無茶する「ぼく」のお使い

りんごをおばあちゃんの家に届けることになった「ぼく」が、イヌと一緒に自転車ではるばる届けることになったというお話。
行く先々でさまざまな困難に直面するのだが、ほぼ運と周りの協力だけで切り抜けていく。
何があっても自転車をこぎ続ける「ぼく」もすごいが、前籠にそのまま入れられたリンゴが落ちないのもすごい。

そう……彼は何があっても自転車をこぎ続けるのだ。

ぶくぶくぶくと みずの なか こいでも こいでも すすめない

うん、当然だと思うけど、なんでそのまま自転車で突っ込んで行ったの?
水の中は沈むんだよ、自転車……。

水の中に自転車で突っ込んで行った「ぼく」は、具合良くワニの協力を得て、向こう岸にたどり着く。
そのほかにもマンホールに落ちたところをコウモリに助けてもらうとか、イルカに乗って跳ねるとか、わりと他力本願なところがあるけど、もはやそういうツッコミは無粋であると終盤になると悟ってくる。

これは予想外を楽しむ絵本なのである。
だから、「ぼく」が飛んでいる飛行機に自転車ごと飛び乗り、おばあちゃんの家を目指したとしても、細かいツッコミはしない。
そもそも自転車でいける距離だったのだろうかという疑問が湧いてくるが、ツッコミはしない。

かくして、無事、りんごを送り届けた「ぼく」は、おばあちゃんお手製のアップルパイを食べて、ハッピーエンド。
しかし最後の一文、

こんな おつかい はじめてさ

には、そりゃそうだろ、と述懐してしまうのはツッコミに入るのだろうか。

 

本文はシンプルにリズムよく書かれ、読みやすい。
先述したように、予想外の出来事を楽しむ絵本なので、起承転結はあまりない。

絵は、灰色で描かれ、重要人物にのみ赤系の色も使うという、なんとも不思議な配色の絵本である。

 

テンポよく読める文

テンポ良く読める文章と、さくさくと展開していくお話で非常に読みやすい。
幼児、低学年向け。

価格比較購入ナビ 『こんなおつかいはじめてさ』──結構ハードなお使いを繰り広げる:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
絵本ナビ ¥1,404 ¥505 無し - 2P - - 16件
Amazon - - 無し - - ¥1,565~ 2の中古品 あり
価格情報更新時間:2018/09/22 11:12(更新