『ゆうれいにあげたおみやげ』──昔の愛はもう二度と

価格比較購入ナビ 『ゆうれいにあげたおみやげ』──昔の愛はもう二度と:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon - - 無し - - ¥599~ 5の中古品 -
価格情報更新時間:2018/10/22 21:30(更新

あらすじ

恋人エルビーラの元を去って二年、ヴィンセンテは再びエルビーラの元に戻ろうとしていた。
一度は愛し合った仲だったが、エルビーラの嫉妬深さに苦しみ、ヴィンセンテは彼女の元を一度離れていたのだった。

エルビーラの住んでいる家を訪れると、彼女は静かにヴィンセンテを迎え入れた。
二年も音沙汰なしでいたことを責められるだろうと思っていたヴィンセンテだったが、エルビーラは責めるそぶりを見せない。
そればかりか、冷静にヴィンセンテの話を聞いてくれていた。

ヴィンセンテは、彼女に、やり直そうというつもりで、ダイヤモンドのちりばめた腕時計を贈った。
そうして、また明日来ると言ってヴィンセンテは彼女の家を後にした。

しかし、次の日……。

 

幽霊にあげたお土産は……

時間というものは残酷なものである。
時間の経過は、いろんなものを変えてしまう。
物質もそうだし、感情ですらそうである。

ヴィンセンテは、一度は恋人のエルビーラと愛を築いたが、時の流れがその愛を変容させ、二人の間に修復できないほどの亀裂を走らせた。
生々しい現実がそこにはあった。
一度は築いたはずの愛。それがだめになっていくさまは、あまりにも現実的で苦しい。

誰が悪かったのだろうか。
いや、誰も悪くなかったのだろう。
ヴィンセンテはエルビーラを愛していた。エルビーラもヴィンセンテを愛していた。
だが、それは悲しくすれ違ってしまっただけなのだ。

この話は、ヴィンセンテの視点から語られている。だから、エルビーラとの愛が壊れていくさまは、一方的に語られる。
またそれが悲しいのだ。人は、自分の視点からでしか物事を見ることが出来ない。
ヴィンセンテは、エルビーラが嫉妬に狂うさまを、恐ろしげな描写でもって示す。彼は、エルビーラの嫉妬の炎を恐れ、彼女のもとを立ち去ることを選んだのだ。「だって、あのときは、おそろしいものにせめさいなまれていたのだから」と、彼女のもとを去った理由を訴えている。

だが、彼は帰って来た。エルビーラのもとに。
失った愛を懐かしんだのだろうか、惜しくなったのだろうか。それとも、エルビーラへの愛が甦ったのだろうか。
「すぐにもどってくるし手紙も書く」と心にもない約束をした罪悪感があったのだろうか。
彼は、二年の年月を置いて、エルビーラの元を訪れた。その二年の間、彼はエルビーラのことを忘れたつもりでいた、ともいう。

ヴィンセンテの自分勝手な思いが見え隠れする。

昔失った彼女の元に戻れば、再び受け入れてくれるだろうという見通しの甘さ。都合のよさ。
その都合のよさは、ヴィンセンテ自身も分かっているからこそ、彼はエルビーラの前でくどくどと言い訳をするのだ。

しかし、懐かしい彼女と再会しても、ヴィンセンテと彼女はもう昔のように心を通い合わせることが出来ない。
ヴィンセンテは困惑するだけだ。その様は、愚かしいほどだった。

終わってしまった愛がそこにはあった。
終わってしまったと自覚していなかったのは、ヴィンセンテだけだったのではないか。

結末が明らかになったとき、ヴィンセンテは、初めて、彼女との愛はすでに取り返しのつかないほどに壊れて終わってしまっていたことを思い知ったのではないか。
彼は心のどこかで、何があっても、エルビーラだけは自分を愛し続けてくれていると思い込んでいたに違いない。
しかしそんなものは幻想にすぎなかったと、置かれたままのダイヤモンドのちりばめられた美しい腕時計を見て思い知っただろう。

すれ違いは取り返しのつかない過ちを招くことがある。
それがエルビーラとの愛だったとは、ヴィンセンテは考えもしていなかっただろう。
夢が消えるとともに愛が息絶えたのを、理解するしかないのだ。

 

タイトルがすでにネタバレのような気がするのだが……

タイトルがすでにネタバレで、話の展開に驚くということはないし、ホラーでもない。
ただ彼らの愛が二度と戻らないものだった、ということを思い知ることになる。

「ゆうれいにあげたおみやげ」という絵本的なタイトルとはおおよそ違って、内容は大人びており、終始シリアスである。
黒を基調としたデザインのためか、暗い雰囲気も漂っている。

愛の終わりや、壊れていくさまの描写が生々しく、現実的。
文章の量はかなり多く、短編集に収録されていてもおかしくない量である。
ほぼ小説の文体なので、高学年からが対象だろう。

価格比較購入ナビ 『ゆうれいにあげたおみやげ』──昔の愛はもう二度と:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon - - 無し - - ¥599~ 5の中古品 -
価格情報更新時間:2018/10/22 21:30(更新