『ミステリー おいしい博物館盗難事件』──盗まれた絵の一部、犯人は誰?

価格比較購入ナビ 『ミステリー おいしい博物館盗難事件』──盗まれた絵の一部、犯人は誰?:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
楽天 ¥1,404 無料 在庫あり すぐ 42P - - -
Amazon ¥89,452 無料 無し - - ¥309~ 6の中古品 あり
価格情報更新時間:2018/09/22 11:08(更新

あらすじ

子豚の少女は、おじいさんと一緒に博物館に模写に行きます。
今日は、特別に絵を模写することができる日なのです。

そこで少女は、絵の一部が切り取られ、代わりに下手な絵に入れ替えられていることに気がつきます。
博物館の人は大慌て。
少女は、犯人を突き止めようといろんな手がかりを見つけ出し、スケッチしていきます。

さて、絵の一部を盗んだのは一体誰か?
少女の推理が冴え渡ります!

 

盗まれた絵の一部はどこに? 誰が盗んだのか?

絵本の推理小説、といった印象を受けた。
舞台は博物館、というより美術館なのだが、そこで、絵を切り取られるという事件が起こる。
丸々一枚じゃなくて、一部分を切り取るなんて、とんでもない犯罪である。犯人が分かると、何故一部分なのかは理由が分かるが、それにしたって、絵の損壊は重大なことだ。

主人公である少女のブタは、絵の盗難に気がつき、捜査に乗り出す。
犯人への手がかりをスケッチしていくのだ。
犯人への手がかりがちりばめられているところや、ミスリードを誘うところなどは、推理小説のようである。
ただこれだけの手がかりで、犯人が分かるとしたら、相当な推理小説好きだろう。

しかし、被害総額はいったいいくらになるのだろう……そればかりが気になって仕方ない。
絵を完全に修復するのは無理そうだし、「ごめんなさい」で済む事件ではないのだが、さほど大騒ぎになっていない印象。

よく考えてみれば、結構深刻な事件である。
「おいしい博物館盗難事件」というタイトルの副題からは想像できないほど悪質な事件だ。切り取った絵の部分が、食べ物でおいしそうなところ、という意味なので、間違ってはいないのだが……。

主人公の少女は冷静沈着で、現場を冷静な目で見ている。本書の探偵だ。登場するおとなたちよりずっと頼もしい。
事件解決を果たした彼女の夢は、警察の似顔絵画家、そして探偵というから、さもありなんといった思いである。

海外ミステリの雰囲気を漂わせたこの絵本、推理小説の入門の入門書としてうってつけである。

 

推理小説……もとい、推理絵本

推理小説の様相を呈した本書。
手がかりが次々と提示され、推理しながら読み進めることができる。
文章だけではなく、絵のほうにも手がかりがあるので、じっくり見ることをおすすめしたい。

ただ、どことなく淡々としており、絵も引きの構図が多いためか、インパクトが少なく感じる。
対象は中学年以上だろうか。文章がしっかりあるので、低学年が一人読みするのはちょっと厳しいものがあるかも。

読み聞かせはあまり向いていないように感じる。

価格比較購入ナビ 『ミステリー おいしい博物館盗難事件』──盗まれた絵の一部、犯人は誰?:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
楽天 ¥1,404 無料 在庫あり すぐ 42P - - -
Amazon ¥89,452 無料 無し - - ¥309~ 6の中古品 あり
価格情報更新時間:2018/09/22 11:08(更新