『ハンタイおばけ』

価格比較購入ナビ 『ハンタイおばけ』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon ¥1,512 無料 在庫あり すぐ 46P ¥646~ 10の中古品 あり
Yahoo ¥1,512 無料 在庫あり - 45P ¥1,100~ 1の中古品 -
楽天 ¥1,512 無料 在庫あり すぐ 45P ¥998~ 2の中古品 1件
絵本ナビ ¥1,512 ¥505 無し - 3P - - 26件
価格情報更新時間:2017/11/20 12:36(更新

あらすじ

ある日、ネイトが目を覚ますと、天井にハンタイおばけがいました。
ハンタイおばけのせいで、ネイトの一日は全部ハンタイになってしまいます。

困ったネイトは少し考えて、よい案を思いつきました……。

 

ハンタイおばけをこらしめるには……?

主に小学校低学年ぐらいまでの男の子を中心に、反対言葉で理屈をこねるのがはやる時期がある。これがまた、何年何月何日何時何分地球が何回回ったとき?と同じぐらいに小憎たらしいのである(もちろん、男の子みんなが口にするわけではない)。

おとなになった今、反対言葉の理屈をこねることのどこがおもしろいのかよくわからないのだが、子どもからすると反対言葉というものにえもしれぬ魅力を感じるものらしい。ナンセンスの面白味、というやつだろうか。

『ハンタイおばけ』はそのナンセンスの面白味を描いた一冊である。登場するハンタイおばけは、名前の通りにハンタイのことをする。「いる」といえば「いない」し、「いない」といえば「いる」という具合にである。

主人公のネイトは、ハンタイおばけのせいで、いろいろと困ったことになってしまう。いつもはちゃんとできていることが、ハンタイおばけのためにハンタイになって、ちゃんとできなくなってしまう。それでおとなに怒られてしまうのだから、何とも理不尽きわまりない。ハンタイおばけがいると訴えても、「いる」は「いない」になってしまうわけで……。

うーん困った。
そこでネイトは、一計を案じる。
なるほど、そうか!と言いたくなる展開である。反対言葉のおもしろさをよく描いた展開だ。
主人公が機転を利かせて問題を解決するのは、物語のおもしろさの王道だろう。
困らされた分、ネイトがハンタイおばけをやりこめるところはスカッとする。しかも、ハンタイおばけの習性を利用しての、勝利だ。
もはや勝利のパターンをつかんだので、再びハンタイおばけが出てきても、心配に足ることはない、という保証つきだ。読者の子どもたちも、ハンタイおばけに怖がることなく対処していける。安心だ。

ハンタイおばけのいたずらは一部、ハンタイになっているのかどうか小首を傾げる部分もあるが、いつもはちゃんとできていることが、ハンタイになってちゃんとできないという意味では、十分、困らされる存在ではあるだろう。もう少し具体的な、ハンタイいたずらがあれば、もっとおもしろくなったかもしれない。

何にせよ、もしハンタイおばけが出てきても、この本を読み終わった読者なら大丈夫だ。不安材料だけでなく、安心材料も与えてくれるこの一冊、安心して読んでいられる。
読後、反対言葉やあべこべのおもしろさを味わえていたら、この絵本の意図するところを果たしたといえるだろう。

 

しかし、この『ハンタイおばけ』というタイトル、何度目に入っても、そのたびに「ヘンタイおばけ」に空目する。
……おとなになって心が汚れてしまったのか……。

価格比較購入ナビ 『ハンタイおばけ』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon ¥1,512 無料 在庫あり すぐ 46P ¥646~ 10の中古品 あり
Yahoo ¥1,512 無料 在庫あり - 45P ¥1,100~ 1の中古品 -
楽天 ¥1,512 無料 在庫あり すぐ 45P ¥998~ 2の中古品 1件
絵本ナビ ¥1,512 ¥505 無し - 3P - - 26件
価格情報更新時間:2017/11/20 12:36(更新