『モービー・ディック航海記』

価格比較購入ナビ 『モービー・ディック航海記』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon - - 無し - - ¥800~ 4の中古品 あり
価格情報更新時間:2017/11/20 12:37(更新

私はそのときを悟ったのだった。エーテルの海に出る日が来たことを。

あらすじ

ある年、96歳の伯父が亡くなり、72歳の私に遺産が遺された。その遺産の中には、クジラ型の潜水艇が一艇、含まれていた。

そのクジラ型の潜水艇は金庫に入るほどのサイズのもので、自分で設計図を見ながら組み立てなければならなかった。私は何とか苦労しながらクジラを組み立てた。
組立完了したクジラを、私は水槽の中に入れて大切に飼育した。クジラはすくすくと成長し、歯車や金属類を食べた。水槽に入りきらないほど大きくなったら、今度は海に放して飼育した。クジラはみるみる大きくなった。

ある日、最新潜水艇が“何かにかじられ原因不明の沈没”の事件が新聞に載ったとき、私は旅立つときがきたのだと悟った。

クジラ型潜水艇に乗って、私の宇宙の航海は幕を開けたのだった。

 

不思議な星間旅行記

日常に疲れたとき、旅に出る。誰もいないところへ、まだ見ぬ何かを見に行きたいと心から願ったことはないだろうか。

『モービー・ディック航海記』は、航海といっても、その行く先は青い宇宙の海である。しゃべるクジラ型の潜水艇、モービー・ディックに乗って、黒猫のタンゴと一緒に小惑星の散る海へとこぎ出すのである。

そこには、必ずや何かを得ようなどというかつえた期待はない。ただ静かに、熾きのように、旅に出るという夢があるだけだ。目的のない宇宙の旅。それはどんなにか自由で、不思議に満ちていることだろう。

短編からなるこの航海記は、不思議な体裁を保っている。話につながりはあるものの、おおよその起承転結がほとんどない。切り取られた不思議な体験がつづられているだけだ。時に示唆的であったり、刹那的であったり、詩的であったり。

考えてみてほしい。
広大な宇宙の海を、悠々と泳ぐクジラの潜水艇を。
それだけで心満たされる何かが沸いてはこないだろうか。

独特な文体とその文章のリズムが、静かに波打ち、世界を構築している。
その世界を前にして、想像力の枠などもろいものだ。ここまでだろうという無意識の枠を軽々と飛び越えて、クジラ型の潜水艇は人語を話すし、アリは高度な生態系を築く。粉々に散った惑星のどれかには王様がいて、国を再建しようとしている。ロボットたちは乗り手のない自動車を作り続けているという哀切。

旅の終わりは突然で、まるで春の夜の夢のようだ。SFがなんたるかを知らない私は、おそれおおくも“非常にSF的な”という表現をもってしてしか、この物語を説明する言葉を持たない。

 

大人向けの寓話

示唆に富んだ内容は大人向けといって差し支えないでしょう。イラストは多く、カラーのものが収録されています。たむらしげる氏の圧倒的な世界観が広がっています。

本編全体を覆う、どこかもの悲しい、寂しい雰囲気は大人向けならではでしょうか。ゆっくりと想像の波にひたり、疲れを溶かしていくように静かに楽しむ本です。

文章量は多くありません。イラストはすべてカラーなので、眺めるだけでも楽しめる一冊です。心が疲れたときに開きたい一冊。

価格比較購入ナビ 『モービー・ディック航海記』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Amazon - - 無し - - ¥800~ 4の中古品 あり
価格情報更新時間:2017/11/20 12:37(更新