身近にあるものの中が透けて見えたら?──『中をそうぞうしてみよ』

価格比較購入ナビ 身近にあるものの中が透けて見えたら?──『中をそうぞうしてみよ』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥990 無料 在庫あり - 9P ¥330~ 1の中古品 -
楽天 ¥990 無料 在庫あり すぐ 9P - - 15件
絵本ナビ ¥972 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 1P - - 27件
価格情報更新時間:2020/07/04 00:49(更新

中を想像してみましょう。身近なものの中を想像してみましょう。
想像力を刺激する、そんな本。

 

身近なものの中身は

例えば椅子の中は?
例えば鉛筆の中は?
例えばボールペンの中は?
例えばぶたの貯金箱の中は?

なんとなく想像できるものもあれば、「んん?」と唸ってしまうものもありますね。
この本は、身近なものをX線写真を使って透かして見ることのできる本なんです。
普通に撮影したモノの写真のページから、一枚ページをめくると、同じものを同じように撮影したX写真が現れます。ページをめくるのが楽しくなります。
椅子に使われた釘の様子、貯金箱の中のコイン……。X写真では丸分かりです。
シンプルに想像力を働かせて楽しむことのできるこの一冊、文字数も少なく、小学校低学年の知的好奇心旺盛な子にはたまらない一冊かも。

 

作者の佐藤雅彦氏って?

これは面白い本だなと思って作者について調べてみれば、なんと、NHK教育テレビ「ピタゴラスイッチ」を企画・監修された方でした。
「ピタゴラスイッチ」、ご存知のかたはご存知だと思いますが、子ども心をくすぐる装置が出てくる番組です。子どもの想像力をうまくかきたてる、この『中をそうぞうしてみよ』が生まれたのも、なんとなく分かりますね。
タイトルも面白い。『中をそうぞうしてみよ』。
作者を拝見するまでは、海外の絵本なのかと思ってました。「そうぞうしてみなさい」ではなくて、「そうぞうしてみよう」でもなくて、「そうぞうしてみよ」。
まるで重要な課題の通達のようで、面白いタイトルだと思います。

 

想像することが好きな子は楽しいかも

写真が主体なので、図鑑が好きな子や知的好奇心の強い子は楽しんで見てくれるかも。逆に、ストーリーのあるものが好きな子にはなじみにくいようです。
文章も短いので、集中力の続きにくい子にも読み聞かせ可能です。
逆に、物語性を求めるのなら、この本は不向きです。

価格比較購入ナビ 身近にあるものの中が透けて見えたら?──『中をそうぞうしてみよ』:

◆並び順:実質価格([販売価格]+[送料]-[ポイント])の安い順
購入サイト新 品中 古レビュー
モール名販売価格送料在庫出荷の目安ポイント販売価格出品者一覧レビュー
Yahoo ¥990 無料 在庫あり - 9P ¥330~ 1の中古品 -
楽天 ¥990 無料 在庫あり すぐ 9P - - 15件
絵本ナビ ¥972 ¥505 在庫あり 月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送 1P - - 27件
価格情報更新時間:2020/07/04 00:49(更新